個人再生事例集(住宅を残したい)

会社員Cさん47歳のケース 自宅を残して借金を返済

Cさんはは念願のマイホームを手に入れた直後にリストラされ、転職することにしました。新たな職場の給与は以前の約半分で、住宅ローンの支払いと生活費のために金融会社からお金を借りるようになりました。

気が付けば7社からの借金総額800万円となり、住宅ローンを合わせると毎月23万円が借金の返済に消えている状況です。自己破産も考えましたが、どうにか家だけは残したいととのことで、相談にこられました。

債務総額800万円
債権者数7社
毎月の返済額15万円
住宅ローン住宅ローン2,000万円(毎月返済8万円)
同居の家族妻・子供2人
月収本人:35万円
職業会社員

借金整理の方針

個人再生の手続きを依頼し住宅を残して借金整理する画像

住宅ローン以外の借金を再計算したところ、借金は600万円に減額となり、さらに裁判所の決定により、借金の一部が免除され返済総額は120万円になり、3年間で返済すればよいこととなり、住宅ローン以外の返済額は毎月15万円から毎月3万4千円に大幅に減らすことができました。

金融会社からの借金が1/5になり、毎月の返済がかなり楽になり家族のために今からでも少しずつ貯蓄をしてしていくつもりです。

弁護士・司法書士を探す画像