任意整理の解決事例集(毎月の返済額が半分に)

相談者Aさん 45才 男性(任意整理)

不景気のため給与は10年前からまったく上がらず、やりくり上手な妻のおかげで、どうにか生活を維持してきましたが、子供の成長とともに生活費が上昇し、やむ得ず足りない分を金融会社に頼ることにしたのでが、気が付くと金融会社5社からの借金総額300万円になってました。これから生活費はますます上がりそうなので、どうかして毎月の返済額を抑えたいので、司法書士に相談されました。

借金総額240万円
毎月の返済額6万円
収入額200万円
職業会社員
家族構成2人(妻)

借金整理の方針

各金融会社から取引履歴を取り寄せ、利息制限法で引き直しの計算したところ、ほとんどが払い過ぎていた利息(過払い金)で借金が減額となり以下のような結果になりました。

借金整理の手続きとして「任意整理」を司法書士に依頼し、5社すべての借金を整理することができました。Aさんの収入と生活費を分析した結果、毎月4万円なら無理なく支払えると判断し、4万円を各金融会社の残高に応じて割り振り、3~4年間の分割支払いになりました。

金融会社借入期間整理前の借金額整理後の借金額
消費者金融A8年100万円35万円
消費者金融B7年50万円15万円
消費者金融C5年40万円30万円
消費者金融D5年80万円50万円
信販会社A4年30万円30万円
合計300万円160万円

 

Aさんは、毎月の返済額が半分になったことで、生活の不安が大幅に解消されました。返済についての打合せを何度もすることで、納得のいく支払い方法になりました。

弁護士・司法書士を探す画像