過払い金返還請求の事例(借金から過払い金に)

パートAさん35歳のケース(過払い金)

Aさんの場合、派遣社員として勤務していた頃に、急な出費などが重なり消費者金融から借り入れを行い、いつかは返せるだろうと、借りたり返したりを繰り返すうちに借金の総額が300万円にまで、借金が膨れ上がってしまいました。
しかも、毎月の返済額は15万円にもなり大変困っていました。

そこで私たちと相談した結果、今までの取引を「利息制限法」に基づいて計算しなおすと、残金が1社の5万円だけに。後は全て払い過ぎていたのです。
そこで、過払い金を返還してもらう手続きをすることにしました。

債務総額(借金)約300万円
債権者数5社
毎月の返済額約15万円
住居費無(両親と同居)
同居の家族両親
月収13万円(パート)
勤続年数3ケ月
資産

Aさんが実際に過払返還請求手続きをおこなった結果

金融会社残額(借金)取引期間利息制限法引き直し計算後
B社20万円3年5万円
C社100万円15年-40万円
D社80万円10年-30万円
F社60万円10年-50万円

戻ってきた過払い金から、返済の残ったB社の5万円を支払い、Aさんの借金は全て終わりました。しかも、手元には過払い金返還で100万円以上の金額が残り、生活にゆとりまで生まれました。

弁護士・司法書士を探す画像