自己破産事例集(給料が激減)

会社員Aさん61歳のケース(自己破産)

Aさんはバブル期には月収が50万ほどあり、マンションを購入しましたが、バブル崩壊に伴い給料が激減し、ボーナスもカットされました。
住宅ローンを支払うと手元にお金が残らず、やがて消費者金融から借入れをして足りない生活費を賄うようになり、借入れを繰り返していくうちにどんどん借金が膨らんでいきました。
終いには会社が倒産し職を失い、住宅ローンどころか消費者金融への返済も出来なくなりました。改めて計算をすると、住宅ローンを含めた借金が2,200万円にも膨らんでいることに気付きました。そこで司法書士と相談した結果、今後の生活のことも考え自己破産を決断しました。

債務総額(借金)2,200万円 (内、住宅ローン 2,100万円)
債権者数7社
毎月の返済額約30万円(住宅ローン含む)
住居費
同居の家族
月収10万円
勤続年数3ケ月(正社員)
資産マンション
マンションについては残念ですが手放すことになり、その後自己破産の免責が下りて借金の解決が出来ました。現在はアパートに転居し、定職にも就き、精一杯頑張っています。
弁護士・司法書士を探す画像