西予市で借金問題に強い弁護士・司法書士で借金解決へ!

西予市で借金問題に強い弁護士・司法書士をお探しの方へ

借金問題をサポートする
当サイト「債務整理アクセス」では、西予市で借金問題に強い弁護士・司法書士事務所を掲載しております。まずは弁護士・司法書士に相談することで精神的な不安がなくなり、借金問題を解決まで全面サポート致します。お気軽に無料相談しては如何でしょうか。

債務整理とは

債務整理の手続きには、『任意整理』・『特定調停』・『過払い金請求』・『自己破産』・『個人再生』という5つの手続があります。ここでは、各手続きについて説明しましょう。

任意整理とは

裁判所を通さずに話し合いで今後の返済方法を決める手続きです。
弁護士・司法書士が依頼者の代理人となって、収入の範囲内で無理なく返済していけるように債権者と交渉を行います。

こんな記事も読まれています。
任意整理を詳しく説明 メリット・デメリット

特定調停とは

裁判所を通した任意整理のようなものだと言えます。裁判所に出向く必要がありますが、債権者の協力を得やすいというメリットもあります。
裁判所へ申し立て、裁判所内で調停委員の立会いの下で債権者・債務者の三者で、今後の支払方法等について契約当初の約定を変更して和解する法律上の手続きです。

こんな記事も読まれています。
特定調停のメリットとはデメリットとは

過払い金請求とは

金融会社の多くは利息制限法で定められた利率の上限を超え、出資法で定められた利率の上限の範囲で融資を行っていました。この利息制限法と出資法の間をグレーゾーン金利と言います。
このグレーゾーン金利にあたる利息を支払ってきた場合、引き直し計算をすることによって、借金が完済状態となり、更に払い過ぎていたお金を「過払い金」といい金融会社に返還請求することができます。

こんな記事も読まれています。
過払い金請求を徹底説明 メリットとは

自己破産とは

裁判所に申し立てを行い、生活必需品などを除く所有財産を処分して返済に充てる代わりに、借金をゼロにしてもらう手続きです。ただし、申立人に免責不許可事由(浪費やギャンブルによる借金、裁判所への虚偽の申告など)がある場合は免責が認められない可能性もあります。

こんな記事も読まれています。
自己破産をもっと詳しく説明 メリット・デメリット

個人再生とは

裁判所に申し立てを行い、借金を大幅に減額してもらい、残額を原則3年間の分割で支払っていく法律上の手続きです。ただし、「住宅ローンを除いた借金の総額が5,000万円以下」「安定した収入があり、反復継続して将来的に収入の見込みがある」などの条件があります。

こんな記事も読まれています。
個人再生を徹底説明 メリットとは

借金問題は松山市の「いよリーガル」へお任せください!

出張相談

西予市で債務整理と過払い金請求の手続きをするためには、地元の弁護士や地元の司法書士へ依頼するのが一番の方法の選択かもわかりませんが、ちょっち待ってください!債務整理(任意整理・自己破産・個人再生)や過払い金請求について、同じ町の弁護士や司法書士に依頼するのは、個人情報を含め嫌なもんですよね

そのために、手続きを諦めてしまうのは今後の人生において損します。
手続きを進めるためには、松山市にある司法書士事務所「いよリーガル」に相談してみたら如何でしょうか。いよリーガルでは、無料で出張相談してくれます。まず、いよリーガルに相談内容をお伝えしましょう。

その相談内容にアドバイスしてくれます。相談者は、法的にどうなのか?判断も付きませんので、良きアドバイスを受けられます。また、必要であれば出張相談をして直接司法書士が説明もしてくれます。嬉しいサービスですよね。説明を最後まで聞いて、依頼するのか?しないのか?を決めれば良いと思います。相談者の意思優先ですので、安心です。

仮に依頼をした場合、案件進捗がどのようになっているのか?心配ですよね。いよリーガルでは、依頼者優先ですので、今後の方針の判断については、必ず依頼者へ確認を行っています。勝手に案件を進めておりませんので、これも安心ですね。

借金問題は精神的に苦しいです。毎月の支払いを減らしたい。債務超過の家計を立て直したい。払い過ぎた利息を取り戻したい。借金問題は一つ対応を間違うと、人生を狂わし、家庭を崩壊させ、人を犯罪に駆り立てることすらあります。そうなる前にいよリーガルに相談しましょう。まずは、法律できちんと解決できることを知ってください。

松山の街の身近な法律家として、司法書士事務所「いよリーガル」がご相談を承ります。借金問題(任意整理・自己破産・個人再生・過払い金請求)や遺産相続のご相談は無料です。費用は分割でのお支払いも可能ですので、お気軽にご相談ください。愛媛県内全域で無料出張相談会を実施しております。相談実績は10,000件以上の実績です。松山市の事務所では、土・日・祝や夜間の相談も可能ですので、一度相談してみたら如何でしょうか。

事務所詳細画像

0120556215

西予市で過払い金請求の進め方

私達「いよリーガル」では、依頼を受けたら貸金業者へ過去の取引をした取引履歴の開示を要請します。取引履歴を現在の利息制限法(15%から20%の上限金利)に基づいて計算しこれを超える利息は原則無効となっておりますので、借入元金への充当を行い、なおも支払い過ぎた利息が発生している場合には、その返還(過払い金請求)を請求します。依頼者の代理人である司法書士が貸金業者と借金が残った場合、収入の範囲内で無理なく返済していけるように債権者と交渉を行いますし、払い過ぎた利息があれば、払い過ぎた利息(過払い金)の返還の交渉を行います。

依頼者が直接貸金業者と話し合いを行わないので安心です。

西予市にお住まいの方は、松山市のいよリーガルにご相談されることをおススメします。

悩まずに、まずは相談!貴方に最適な解決策をご提案させて頂きます。

0120556215

弁護士・司法書士を探す画像

対応エリア

松山市今治市宇和島市八幡浜市新居浜市西条市大洲市伊予市四国中央市西予市東温市・上島町・久万高原町・松前町・砥部町・内子町・伊方町・松野町・鬼北町・愛南町

西予市管轄の裁判所について

問題(過払い金)に関する裁判所は、地方裁判所と簡易裁判所が取り扱いします。

地方裁判所は、目的物の価額が140万円を超える貸金の返還を求める訴えを提起した場合には、原則として地方裁判所で民事裁判を行うことになります。また、自己破産・個人再生などの申立も地方裁判所に行います。

簡易裁判所は、目的物の価額が140万円以下の貸金の返還を求める訴えを提起した場合で、目的物の対価額で異なっています。

西予市の管轄の裁判所

西予市の内三瓶総合支所の所管区域

  • 松山地方裁判所 大洲支部
    愛媛県大洲市大洲845
  • 大洲簡易裁判所
    愛媛県大洲市大洲845

西予市の三瓶総合支所の所管区域を除く

  • 松山地方裁判所 宇和島支部
    愛媛県宇和島市鶴島町8-16
  • 宇和島簡易裁判所
    愛媛県宇和島市鶴島町8-16

多重債務問題も消費生活センターで相談可能です

西予市 消費生活センター
西予市宇和町卯之町3-434-1
電話番号 0894-62-1285

その他の相談機関

松山財務事務所 多重債務相談窓口

住所 松山市若草町4番地3
松山若草合同庁舎7階
多重債務相談専用ダイヤル
087-811-7801

法テラス愛媛

住所 松山市一番町4-1-11
共栄興産一番町ビル4F
電話番号 050-3383-5580

愛媛県弁護士会

住所 松山市三番町4丁目8番地8
電話番号 089-941-6279

愛媛県司法書士会

住所 愛媛県松山市南江戸1-4-14
電話番号 089-941-1263

弁護士・司法書士を探す画像